« 珍客 | トップページ | 眼科受診 »

2012/01/11

教えて下さ~い♪

Photo この時期にまだ屋外に置いてある鉢がありますbud

暑い季節に上の写真のような花が咲きます。

例年なら十二月に入ったら室内に入れるのにまだ外~元気に葉っぱを付けています。

鉢から根が延びて鉢が動かない状態のハイビスカスbud

これから三月までに気温が下がり霜や雪が降るのにどうしよう。

防寒のビニールなどをかけてそのまま屋外に放置していても大丈夫かな~

クリスマスローズのようにその場所に対応できる生命力を持っているかどうか~

殿の記念日に頂いた大事なハイビスカス(スタンダード仕立て)。

ブログを見て頂いた方にお知恵拝借をgood

P1020345

                        bud軒下でもありません。

Thank you coming for blog♪ 02588

« 珍客 | トップページ | 眼科受診 »

コメント

baba様の地域の最低気温がどれほどかわかりませんが、最低でも5度は必要なので屋外はちょっと厳しいのではないでしょうか。何か手段があるかもしれませんが・・・。

↓もご参考になさってください(たぶん地域的にも近いと思いますが)。

http://oshiete1.nifty.com/qa5476294.html

>ありがとうございました・親父さま

やはり植物の事を考えたらそのままで何とかならないかは無理のようですね。
何せ熱帯植物なのですから~
霜や雪が降りないうちに例年通り鉢上げをすることにします。
今年また可愛い花が見られるようにhappy01
そして開花した時ブログにアップできるように育てます♪

baba様 (*'σ∀‘)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]
じぃにはわかりませんが、花のことなら新都心駅にあるホームセンター「ニューライフカタクラ」の園芸センターに
聞いてみたらいかがでしょうか。
親切な方が多いですよ。

そちらは南国ですねannoy
雪国では、外なんて考えられないです。
でも動かなくては困りもの(ρ_;)

寒の入り中は、コート着せてあげたいですね(*゚ー゚*)

役立たずでした(ρ_;)

お花の少ないこの時期にこんなにも色鮮やかなお花を咲かせてくれるなんて感激ですheart04happy01
寒さよけは難しいですね。
私は以前 のぼたん を霜で枯らしてしまったことがあります。
大きくなると動かすのが大変なのでついつい後回しにしてしまって
後悔することが多いですbearing
今年もきれいなハイビスカスのお花が見られますように・・・
暖かい日が続くといいですね。

>kazuさま・ありがとう

やはり鉢上げした方が良さそうですね。
ハイビスカスの開花を見るためには冒険はよした方が~

相談とは別にkazuさまご紹介のお店に行ってみたいです。
情報ありがとうございましたhappy01

>su-さん・おはようございます

いくらハイビスカスが元気にしているとはいえきっと必死なのかも~
皆さまのアドバイス通り鉢上げをしますbud
夏に真っ赤なハイビスカスの花を見たいですものねbud

snowsu-さんの地域は雪国なのですね。

>花だよりさま・おはようございます

真っ赤に咲いている写真は今現在の状況ではないのですよcoldsweats01
今は葉っぱだけ~bud
野ぼたんも耐寒性がないお花だったのですか~以前育てたことがありますがどうしていたか思い出せません。
ご心配かけましたが鉢上げをすることにしました。

mbt tataga shoes 教えて下さ~い♪: Koutanbaba

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268746/43687789

この記事へのトラックバック一覧です: 教えて下さ~い♪:

« 珍客 | トップページ | 眼科受診 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kouちゃんのお気に入り

koutanbabaプロフィール

  • http://sai72.cocolog-nifty.com/

flower arrangement

  • flower arrangement
    月一回教わっているフラワーアレンジメント♪ センスの良い先生で生徒さんも多く 「花の魔術師」「花の建築家」の異名を持つダニエル・オストさんのアシスタントもなさる先生。
フォト
無料ブログはココログ

koutanbaba

  • koutanbaba

pippi